SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)とHDD(ハードディスク)の違い


HDD(ハードディスク)とはパソコンのOS(windows)やエクセルなどのソフトやユーザーが作成したデータなどが格納されている重要な装置です。
現状、使用されている多くのパソコンにはこのHDD(ハードディスク)が装着されています。
HDD(ハードディスク)は内部でディスクが回転して動作しているため音や熱が多く発生します。
また故障も多く、パソコンの故障のほとんどはこのハードディスクが原因です。

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)も基本の役目はHDDと同じです。
構造はSDカードと同じ、フラッシュメモリが使われています。
電気的にデータのやりとりが行われるので、速度・音・熱・衝撃に対して最大限の効果を発揮します。
実際に使用するとよくわかりますが、起動やソフトの動作速度は驚くほど高速になります。
価格もお手頃になってきていますのでお勧めです。
詳しくは下記までお問い合わせ下さい。