SSD交換(換装)

SSDとHDDの違い

HDD(ハードディスク)とはパソコンのOS(windows)やエクセルなどのソフトやユーザーが作成したデータなどが格納されている重要な装置です。
現状、使用されている多くのパソコンにはこのHDD(ハードディスク)が装着されています。
HDD(ハードディスク)は内部でディスクが回転して動作しているため音や熱が多く発生します。
また故障も多く、パソコンの故障のほとんどはこのハードディスクが原因です。

SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)も基本の役目はHDDと同じです。
構造はSDカードと同じ、フラッシュメモリが使われています。
電気的にデータのやりとりが行われるので、速度・音・熱・衝撃に対して最大限の効果を発揮します。
実際に使用するとよくわかりますが、起動やソフトの動作速度は驚くほど高速になります。
価格もお手頃になってきていますのでお勧めです。

 

SSDのメリット

超高速:パソコンや様々なソフトの起動時間を短縮します。また、データの読み書きも速くします。
超静音:モーターで円盤を動かす構造がなく、チップのデータ通信で動くので音がほとんど発生しません。
低発熱:物理的駆動を行わなわず、電子的駆動を行うため、熱が発生しにくい構造になっています。
耐衝撃:円盤構造ではなく電子チップ構造であるため、軽量で衝撃に強い構造になっています。
省電力:ハードディスクのように円盤が回り、物理的に駆動する部分がないので電力消費が少ないです。

デメリットは価格と容量でしたが、価格は大幅に下がりました。容量は250GB前後が価格的にもお勧めです。データはクラウドなどに保存することで容量の問題は十分に解決できます。

SSDに交換した場合の参考価格(税別)

今お使いのデータやソフトはそのままお使い頂けます。

更新準備中です!

■SSD交換の注意点
・『現在の状況丸ごと移行』は現状の『Cドライブ(システムドライブ)』の使用容量よりSSDの容量が大きいことが条件となります。
・『Cドライブ(システムドライブ)』に重大なエラー等が生じている時や容量が大きい場合は、OS(Windows)のクリーンインストール
 をお勧めする場合があります。
・HDDのお客様が保存されているデータは事前に外部媒体やクラウド等に必ず、バックアップをお願いします。
・パソコンサポート翔では細かい価格設定は行っておりませんので、上記価格に出張費のみの金額になります。
 (出張費はエリア毎で変わりますので料金ページをご参照下さい。)