お金で買うことができない大切な「データ」


「首都直下型地震」や「東南海・南海地震」などの巨大な地震や勢力が年々強まっている「大型台風」などの被害に遭った場合、あなたのパソコンの「データ」は大丈夫ですか?
お金で買うことができない大切な「データ」を守れるのはあなたの対策次第です。

 


最善な対策はクラウドに保存すること


外付けのHDD(ハードディスク)や社内のサーバーに「データ」のバックアップを取っているから大丈夫と思われているのは大変危険です。何故なら、建物の倒壊や火災、水害による水没など物理的な被害が出た場合、それらの媒体も一緒に被災してしまう可能性が高いからです。

DropboxやOnedriveなどのクラウド(インターネット上のデータ保存領域)を保存先に追加することで、これらの災害時でも「データ」を安全に守れるのです。


クラウドサービス初期設定


パソコンサポート翔ではクラウド選びから契約のお手伝い、クラウドへのデータ保存設定(自動バックアップ含)
を行っています。詳しいことや「データ」に関して少しでも不安があれば下記までお問い合わせ下さい。